本文へスキップ

みんなに元気を、みんなを笑顔に ぎょうざのまるおか。

電話でのご注文・お問い合わせは0120-229-582

〒885-0093 宮崎県都城市志比田町7314

美味しいのつくり方 バーチャル工場見学concept

まるおかの餃子の美味しい秘密

こだわって揃えた素材をどう調理するか、ここにも大事な秘密が隠されています。 現在、丸岡のぎょうざは、いつも同じおいしさをお届けするために工場で一括生産しています。 平成17年、宮崎県都城市に本社も兼ねた製造工場が新たに完成しました。 今までのあらゆるノウハウを生かして作られた新工場では、徹底的な衛生管理と無駄のない動線で、安全でおいしいぎょうざを一日に約40万個も生産しているのです。 まず丸岡のぎょうざの要となる具の仕込みですが、これだけはいまだに社長が自ら行なっています。 企業秘密を守るため、ということではなく長年の経験と勘を持った社長にしかこの作業はできない、というのが実情なのです。 自然な食材を使う以上、毎日同じになる完全なレシピというものはなく、素材の状態に合わせて微妙に配合を変えていかなければ「変わらない味」というのは作れないんですね。   工場内で働いているのは、20代から30代前半の若い女性がほとんど。製造に関わる人だけで100人を超えています。 この大勢の従業員を束ねている工場長も女性です。(有)ぎょうざの丸岡創業当時から勤めている大ベテラン。若い従業員たちから、お母さん的存在として頼りにされています。 新人が入ると工場での業務を1から丁寧に教えるだけでなく、現場で危険なことはないか、わからないことはないか、みんなでそっと見守っています。そうして1年も経つと新人も一人前になり、また新しい仲間を迎えるのです。 丸岡のぎょうざの「おいしい」を作るために、今日もたくさんの人が働いています。 たった一つのぎょうざの中にも「お客様に喜んでもらいたい」と願う作り手の心がたっぷり。 実はこれが、とっても大事な隠し味なのです・・・。!


衛生管理は徹底的に

食品にとって、何より大切なのは「安全であること」。 工場では、この安全性を守るための工夫が随所にあります。 まず、会社内にはセキュリティカードがないと、入れません。何ヵ所ものセキュリティポイントを設け、社員もしくは許可を受けた人しか入れないようになっているのです。 工場に入るときは、まず、2階の更衣室でクリーニングしたての白衣に着替え、髪の毛もすべてキャップの中にしまいます。その上、マスクをつけるので、見えているのは手と目だけ。長爪やマニキュアはもちろん、アクセサリーも厳禁。工場内には、私物の持ち込みは一切禁止です。 準備ができたら、階下の工場へ向かいます。 工場専用の靴に履き替え、手を消毒。粘着ローラーで白衣についた埃や髪の毛を取ります。次に靴の裏側の汚れを取るための機械の上を歩きます。 最後に、エアーシャワーの中に入り白衣の全ての埃を取り除いて、いよいよ作業エリアへ。 エアーシャワーには、作業エリアの内側からは入れません。 つまり、1度出たら再び消毒の工程を行なわなければ作業エリアには戻れない仕組みになってるんですね。


作業エリアは清潔を守る工夫が一杯

作業エリアに入ると、なんだかひんやりとします。それもそのはず、ほとんどの作業室は10度前後に保たれています。 あちこちに備え付けられた業務用の空気清浄機で、空気はいつもクリーン。 工程順に作業部屋が並んでいて、作業する人の動きに無駄がないので材料をより新鮮・清潔に保てるのです。


無駄のない導線で、スムーズでスピーディな作業

届けられた材料は、専用の搬入口から直接冷蔵庫に。材料に何か異常がないか、必ず人間の目で見て手で触れてチェックします。不要な部分を取り除き大まかにカットしたら野菜洗浄室へ。何度も水を替えて丁寧に洗います。 細かくカットされた肉や野菜は、中央のミキサー室でミックス。これが具の仕込みです。ここを担当するのが社長の務め。目と手で丹念に調整していきます。 成型室で皮と具が合わさり、ぎょうざの形になるのです。


パック詰めは、愛情込めて手作業で

できあがったぎょうざは、手作業でパック詰めをしていきます。 最後はX線や金属探知機で異物の混入がないか確認して安全性を確かめます。


工場のすべてお見せします

細部まで配慮された衛生管理や安全管理は、すべてお客様に安心して丸岡のぎょうざを召し上がっていただきたいから。詳しい製造工程は動画でご覧ください。


shop info.店舗情報

ぎょうざのまるおか

〒885-0093
宮崎県都城市志比田町7314
TEL.0986-46-3600 (通話料有料)
FAX.0986-46-5546
0120-229-582
受付時間 月曜日から土曜日
AM 9:00〜PM 5:00 
(日・祝祭日は、お休みです)